Archives

磁気刺激療法の施術を受けるポイントなど知りたいです。

磁気刺激療法の症例報告はたしかに少ないですが、専門医クリニックのホームページには代表的な事例が掲載されています。

一部をご紹介しましょう。

■SDS値が20回の磁気刺激療法で寛解。

うつ病にかかっている中年男性の例で、その人のうつ病発症期間は約6年。

投薬治療などをつづけていましたが症状の改善は見られず、磁気刺激療法を受けるために遠方から専門のクリニックに通っていたそうです。

初診時には「SDS値66点」と高い数値を示していましたが、週5回、毎日連続して磁気刺激療法を受け、合計20回の磁気刺激療法を受けた結果、そのSDS値は31点に減少し寛解レベルに達したという事例が公表されています。

■専門用語の寛解とSDS値について。

寛解とはガンの治療などにも用いられる専門用語で、完全に治ったと断定はできないが、症状が安定して平常なレベルにまで改善したことを示す単語です。

ガンは再発や転移の可能性があるので、完治・根治ではなく寛解という言葉を使って治療の一区切りと見なします。

同様にうつ病なども、根本的には患者本人が抱えている因子なので再発する可能性があります。

※うつ病について:http://www.afpbb.com/articles/-/3096019

そのため寛解という単語が使われます。

また前述のSDS値とは、うつ状態の自己評価を示す尺度の1つで、この数値が40以上あれば、うつ状態と診断されます。

事例では初診値の66(完全なうつ状態)から、磁気刺激療法20回で31まで下がっていますから、うつ状態から脱して普通のレベルに戻ったことになります。

■磁気刺激療法は、初めて受けてから後は、間隔を開けずに通院して、つづけて受けることがポイントとされています。

症状によって通院の回数は異なりますが、仮に20回であれば週に5回、4ヶ月20回を連続して受けることが大事です。

効果が衰えてしまう前に、新しい作用と効果を上からどんどん追加していかないと、元に戻ってしまうそうです。

磁気刺激療法のおすすめのポイントはどこですか?

磁気刺激療法はTMS治療法とも呼ばれ、最新の治療法です。

治療効果は大きいのに患者への負担がないと話題ですが、もう少し内容を掘り下げてみましょう。

■診療台の上に寝てリラックス30・40分。

磁気刺激療法は、TMS治療法はとも呼ばれているもので、診療台の上に寝て、頭を固定した状態で行います。

磁気刺激を送る専用機器は非常にコンパクトなものなので、圧迫感はありません。

美容室で施術台を仰向けに倒した状態や歯医者の診療台室を想像してもらえればいいと思います。

生々しい医療器具などはありません。

1回の平均的な治療時間は30分~40分程度で、痛みは一切ありません。

めまいや痙攣を起こすという人もいますが、それは電気けいれん療法のことです。

■効果が高いのに身体への負荷がない。

効果が高くて患者に負荷をかけないと言われているのが磁気刺激療法です。

うつ病を起こしている脳の一部に磁気がピンポイントで届き、しかも深層部まで到達するので、効果は大きく他の部位にマイナスの影響を与えることがありません。

また治療中は頭を極端に動かしたりしなければ、周りにいる医師や看護師と談笑したり、雑誌を読んだりすることも自由です。

治療の苦痛や副作用から病院を敬遠する気持ちも起こりません。

■磁気刺激療法は、痛みがないこと、治療中の負荷がないこと、大きな効果が期待できることの3点がおすすめのポイントです。

ここまでにお話ししたように、磁気刺激療法は、痛みや患者本人への負荷がないこと、またその場で治療が完結し処方薬を飲む必要もありません。

簡単である割に大きな効果が期待できるので、これまでの投薬量法に疑問や不満をお持ちの方にはおすすめします。